タグ:東野圭吾 ( 1 ) タグの人気記事

レイクサイド マーダーケース

昨日、ぐうぜん『レイクサイド マーダーケース』を見た。

何で見たのかと言えば、原作「東野圭吾」という文字が見えたから。
それと、何かお姉ちゃんが脱いでる描写があったから。俳優陣が地味に豪華だったから。

役所さんに加えて、柄本明、鶴見辰吾、豊川悦司のあくの強い個性派。
柄本さんはこういう半分狂気じみた役を演じるとマジで怖い。
未だに「太平記」の高師直役が忘れられない。

女優陣も、薬師丸ひろこに黒田福美、杉田かおるとこれまた中々強烈なひとたち。

若手として眞野裕子が役所さんの愛人で殺されてしまう役柄。

お受験合宿に参加していた3家族と塾?の先生。
そこに愛人も何故か飛び入りで交流という状況。
愛人に呼び出された役所さん、ほいほい外出している間にその愛人が殺されてしまいます。
愛人と連絡が取れずしょんぼり合宿所へ帰った夫が目にしたものは
変わり果てた姿の愛人と「自分が殺した」と告白する妻の姿。

見終わった感想としては、面白かった。
原作の「レイクサイド」は読んでないんだけど、その結論的な部分はあぁやっぱり東野圭吾だなと。

ただ、序盤でその結論がほんの少し頭をかすめてしまったのが悪かった。
そんなわけで、ドーン!!みたいな衝撃はなかったかな。
あと、伏線らしい伏線を感じることがあまりできなかったけど、これは眠たかったから仕方ないかも。

ラストのあの描写が必要だったのかどうかは「レイクサイド」を読まないとなんとも言えない。
[PR]
by jenix_nobody | 2006-06-03 09:27 | movie_映画