カテゴリ:myself_自分( 54 )

腹黒度チェック

GoisuNetの「腹黒度チェック」をしてみました。

結果は、、、
b0000933_10104256.jpg

え~、心の黒さ100%らしいです( ´ー`)
ま、平凡レベルだそうなので、いいのか悪いのかよく分かりませんが。

そんなに腹黒いことしてないと思うんだけどなぁ。でも妄想が多いから100%なのかも…。

TB
心理テストなんて・・・・I Can't Believe(princess_gloomさん)
[PR]
by jenix_nobody | 2004-11-26 10:13 | myself_自分

ラーメンだめっぽい

最近、カップラーメンが食えなくなってきてる…。

正確に言うと、美味しいと思えない状態。
無理すれば全部食べられるけど、食ったあとの感想は「マズい…」。

なんでだろうなぁ。カップヌードルの小さいやつならまあ、食えるかな。
でも、普通のサイズは無理。
もうしばらくは買わないと思う。
こんな状態に気づいたのは今年に入ってからかな。
本当にラーメンをうまいと思って食ったのはいつだろう??ってくらいにラーメン=マズい
という公式が成立しかかってます。

ただ、永谷園かどこかが出している煮込みラーメン、あれは大好き( ´ー`)
本当にうまいと思う。

ま、もともとラーメンよりもうどんの方が圧倒的に好きだったので自分的には痛くないけど。
問題は、付き合いで飲みに行ったときですよ、奥さん。
なんでおっちゃんたちって〆はラーメン!!ってなってんだろ。
飲んだ後にこってりラーメン食うと本気で気持ち悪いんですけど(´・ω・`)

うどんならいくらでもお付き合いするのにさぁ。

ちなみに、好きなのに事情により食べにくい/遠ざかってる食べ物結構あります。
桃とか、りんごとか、メロンとか、びわとか。
これ、全部そうなんだけど、食べると口のまわりとか中とか、ノドの中がかゆくなってしまう
という哀しい症状が出るんです。
アレルギーかなぁ。桃なんて昔からの大好物なのに、この症状のおかげでしばらくまともに
食べた記憶ないし。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-11-24 17:39 | myself_自分

価値判断

TB 正論をふりかざすヤツはきらい by ume-monz38さん
   いろんな人がいること。 by melty-merumoさん

僕の価値判断の基準は、基本的に「好き‐嫌い」であって、「正しい‐正しくない」は
押し付けたり、判断基準にはしないですね。

自分の考えを主張する場合はあくまで、自分はこっちのほうがいいと思う、
自分ならこっちを選ぶ、そういう言い方になります。
もしくは、自分が経験した時はこうだった、という感じ。

自分はあくまでも自分という経験の上に成り立った判断をしているだけで、
それが他人にも通用するものだとは考えていません。
だから、何かしら価値判断を下す場合には自分の「好き‐嫌い」が
多分に含まれていることは伝えるようにはしています。
「好き‐嫌い」を基準にしていることが良いか悪いかはおいておいて。

もちろん、本当に仲のいい友だちに対しては
「俺が正しいんだ!おまえは間違ってる!」という感じで言うことはありますよ。
まぁ、お互いそういう言い方をするってこと自体、本気でそう思ってるわけではない、
ということが了解されているから、あえて「正しい‐正しくない」を表面上主張している
だけですが。

ただ、それでも意識しない部分で、勝手に正しさを作り出しているかもしれないことには
気をつけたいですね。

偉そうに、「これが正しいんだ」と言えることも仕事上必要な時もあるんだけどねぇ。
今はまだできない。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-10-26 23:36 | myself_自分

バスケ

これまでにも何度かバスケの話題を出していたことからも察しがつくかもしれませんが、
僕はバスケ経験者です。
とはいっても、小学4~5、中学~高校までの間で大学に入ってからは辞めましたが。

小学時代はいわゆるミニバスでしたが、6年になった時に指導者がいなくなるという事態に
陥り、バスケ部が無くなってしまいました。_| ̄|○

中学時代は・・・、挫折と自己嫌悪と情けなさの思い出です。
一応、キャプテンをしたんですが、顧問の先生からは
「おまえがキャプテンになるから弱くなったんだ!!」と叱られまくり_| ̄|○

あとになって理解できたことですが、本当に中学時代の僕はバスケの何たるかを
まったく理解していませんでした。
なので、顧問の先生は苦手ではありましたが嫌いではなかったですね。

高校に入ったとき、幼馴染(保育園から一緒で中学ではバスケ部のエース)から、
バスケ部入るだろ?的なノリで誘われ、嫌々入部しました。
中学の時の情けなさが付きまとって最初は本当に嫌でした。

でも、そんなこんなで部活にのめりこんでいって、気付けば高校でもキャプテンをしてました。
僕を誘った幼馴染は経緯は忘れたけど、早い段階で辞めてしまってましたね。
残念でしたが、違う中学校から来た奴(N)が上手でチームのエースに。
高校のときは、僕がキャプテンでポイントガード、Nが副キャプテンでスモールフォワード。
というポジションでやってました。

僕は小学生の頃は背は高くて、小中はセンター~フォワードをやってたんですが、
体が細くてゴール下で当たり負けすることが増えてきたので高校ではガードにコンバート。
これ、最初はけっこうショックでした。おまえは失格、そう言われている気がしました。
でも、このガードというポジションやってみたらめちゃめちゃ面白いポジションで、
まさに、「コート上の監督」です。
自分の思い通りに試合運びができたとき、いいパスが出せたとき、いい形で速攻が
出せたとき、とにかく色んな歓びがありました。
もちろん、相手ガードからボールを奪ってワンマン速攻♪も楽しかった。
ただ、オールコートのプレスで当たってこられた時は、しんどいですね。

ま、高校の時の顧問の先生が非常にいい先生で、ガードにコンバートしたあと、
キャプテンとは、ガードとは、ということを少ない言葉で伝えてくれて、必死で考えてたな。
そして、バスケとは何たるか、高校生なりに理解でき、中学校の時の苦しみも克服できた
気がします。

とにかくバスケという要素は僕を形作る上でかなりの部分を占める要素です。

※中学校の時はホーネッツのマスコット(蜂)を何も見ずに書けるくらいに
ホーネッツが好きでした。
ラリー・グランマ・ジョンソン、タイロン・マグジー・ボーグス、アロンゾ・モーニングの3人を
中心に多様なタレントが揃った極めて魅力的なチームでした。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-10-20 01:41 | myself_自分

血液型とか…

最近、やたらと血液型占いとか、血液型によるやせ方とかやってますねぇ。

多分、こういうの信じる人いるんでしょうね。
でも、ほとんどの人はただ面白がって見てるだけですよね?

僕は、面白いとは思うけど、血液型による分類・相性占いなどは一切、全く信じてません。

よく「A型っぽいね」とか、「O型っぽい」とかいう言葉を聞きますが、どうなんですかね。
一般的には、

A型:神経質、細かい
O型:大雑把、適当
B型:じこちゅー、わがまま
AB型:かわりもの

という感じだと思いますが…。

突然ですが、僕の血液型は何型でしょうか?
気が向いたらコメント欄にでも残してやって下さい(゚Д゚)ノシ
正解は、近いうちに公表しますです。

そもそも血液型が性格などに影響を与えるということからして信じられません。
親や兄弟姉妹の有無など、家庭環境が与える影響は大きいと思うし、
それによる分類や性格などは信じなくはないです。

でも、血液型ですよ?どうですかねぇ。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-10-08 17:35 | myself_自分

忘れてた

僕の属性について忘れてたことがありました。

僕は一人っ子です。兄弟姉妹がいません。

だからかもしれないなぁと思うんですが、前からこのブログにも書いているように、
年上の女性には強い憧れがあります。
小学校から高校にかけてはずーっと、自分に姉がいたらなぁ~なんてことを考えてました。

姉ちゃんがいれば、ファッション、音楽いろんなことを教えてもらえたかも!!
というのが僕の考えでした。

ただ、一人っ子だから一人でいることには何の抵抗もなく、一人遊びは得意中の得意。

子ども好きというのも一人っ子に由来しているかもしれないです。

バイトや仕事で接した子どもたちを相手していると、何か自分の弟や妹が出来たような
奇妙な感覚で、「こういうのが弟や妹がいるということか?」みたいな感じでした。

後は…、大勢の中でのコミュニケーションはちょっと苦手だけど、
一対一のコミュニケーションは得意というのも、一人っ子であるがゆえ、かもしれない。

乱文で分かりにくいかもしれないですが、僕という人間の特徴を注意してみると、
「一人っ子」という要素が非常に大きな影響を与えているなぁ、と。
すいません。それだけでした。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-09-29 17:37 | myself_自分

1980年

同い年の男性
松坂大輔(現・西武ライオンズ投手)
和田毅(現・福岡ダイエーホークス投手)
新垣渚(現・福岡ダイエーホークス投手)
田臥勇太(現・NBA フェニックス・サンズ所属)
妻夫木聡(俳優) など

同い年の女性
田中麗奈(女優)
酒井若菜(女優)
島谷ひとみ(歌手)
優香(タレント) など

ちなみに年はぜんぜん違いますが、同じ誕生日の人は、
木村佳乃や、和田あきこがいます。

多分、1980年って松田聖子が全盛の頃だと思うんだけど、あんまり記憶にない。
それよりも、それから2~3年後の安全地帯の方が印象が強いです。
なぜか、安全地帯が好きなガキンチョでした。

あと、親の話によると、うちに来た人に向かって「ニクソン、ニクソン」と言ってたらしい…。
なんなんだ、このガキは_| ̄|○
[PR]
by jenix_nobody | 2004-09-29 11:25 | myself_自分

自分のこと①

誕生/1980年生まれ→2000年でちょうど20歳
性別/男
好き/女の子(オイ!)、友だち、バスケ、映画、ドライブ、CHAGEandASKA
嫌い/生理的に合わない人、虫全般
俳優/真田広之、江口洋介、織田裕二、田村正和
    ジョン・トラヴォルタ、トム・クルーズ
女優/松嶋菜々子、松たかこ、綾瀬はるか
    チャン・ツィイー
名前/jenix_nobody
由来/特になし。jでも、jenでも、jenixでも、フルで書いていただいてもまったくOKです。
テーマソング/先日、急遽決定しました。「Mr.Jの悲劇は岩より重い」 by CHAGEandASKA
         まさに僕の曲!と初めて聴いたときに感じました。
         先日、久しぶりに聴いたところ、改めて「僕にピッタリ!」と思い、勝手ながら
         テーマソングとさせていただきました。
         歌詞自体はそんなに深くないところがピッタリ。CHAGEさん、ごめん。


以上、基礎データでした。
他にも、「こんなの教えろよ」みたいなのがあれば公開できる範囲で応えたいと思います。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-09-22 15:06 | myself_自分

好きなタイプと想い出と…

黒髪で、ロングで、身長は低くもなく、高くもなく。やせてもいなく、太っていもいない。
そして、ここが一番重要なんだけど、一緒にいて落ち着ける、安らげる雰囲気をもっている人。
そんな子が理想。でも、あくまでも理想です。

一緒にいて、落ち着けないのは、ちょいしんどい。だから、自分もできるだけ安らいでもらえる人でありたいと思います。

「やさしい」とか、「クール」とか、「何考えてるか分からない」とか、よく言われます。
・優しい:これはけっこう仲良くなった人からよく言われる。
・クール:う~ん。友だちまではいかないけど、知り合いレベルの人からよく言われる。
・何考えてるか分からない:いろんな人から言われる。最近だと、義姉から…。_| ̄|○

残念ながら、これらはあまり誉め言葉に聞こえないんですよね。
「やさしい」と言われた瞬間はちょっと嬉しいんだけど、あくまでも一瞬。

本当の自分って何?って考えるのはあまり好きじゃない。てか、考えても答えはないと思うから考えないようにしている。

前、すんごい仲のよかった女の子から「○○くんて、誉めるのが上手だよね」といわれた。
それは妙に嬉しかったことを覚えてます。
受けとり方によっては誉め言葉に聞こえないんだけど、彼女自信も「誉めるのが上手」だったんだろうなぁ。
で、最初に上げた理想のタイプ。この子はけっこう当てはまってました。
黒髪でしょ、ロングではなかったな。体つきはやせても太ってもいない。顔は決して、とびっきりの美人でもなければ、めちゃくちゃ可愛いわけでもないんだけど、魅力的な子でした。
ただ、安らげるというよりは一緒にいて楽しい、という感じだったかな。

妻帯者がこういうことを考えるのってよくないのかな。
今の僕、けっこうダークサイド寄りです。
※注:これ以降、倫理的にどうかと思う部分がありますので、読みたくない方は
ウィンドウを閉じてくださいm(__)m



彼女を傷つけたんだけど、今ごろどうしてるかな~?
このブログ見てたりして。いや、それはないか。仕事メッチャ忙しそうだったからなぁ。
彼女、学生の時に「やりたい」って言ってた仕事に就いてるんですよ。
たいへんそうだったけど、充実してそうだったなぁ。でも、どっか無理してる様子もあった。
それがすごく心配だった。

元気にしてるのかな。好きな人できたって言ってたな、そういえば。
僕に心配かけないための嘘なのか、本当に好きな人ができたのか。
本当に好きな人ができて、彼女が幸せになってくれると僕も嬉しいな。素直には喜べないかもしれないけど。

彼女とは1年だけ、親しくしていたんだけど、すごく懐かしくて色鮮やかな想い出となっています。(美化されているのかもしれないけど。)
一日で海水浴場を4箇所くらい巡ったり、夜中から夜明けまでドライブしたり、フリスビーしたりしたな~。夜景見たり、昼間にドライブしたり、映画見に行ったり。
すごく楽しかった。本命の彼女がいながら、この子のことも好きになってたと思う。
この子は本当にアクティブで、外で遊ぶのが好きな子でした。おかげで、久しぶりに海に行ったり、運動したりしてた。
なんであんないい子が一人だったんだろう。不思議ですね。
女の子からも人気(人望かな?)があって、女性としても魅力的。
絶対に幸せになってほしい人です。

彼女がここを読んでいたらどうしよう。嬉しいような、読んでいてほしくないような。
複雑だなぁ。
こういう自分がすごく嫌な奴だな~って思う。自己嫌悪、自分勝手。

-----------------------------------------------------------------------
To K様

Kは今、幸せですか?
俺は今ちょっとしんどいけど、幸せだよ。
そして、俺は嫁を幸せにするからね。Kも好きな人と幸せになってね。
-----------------------------------------------------------------------

もしかしたら、これを吐き出したくてこのブログを始めたのかもしれない。
どっかで吐き出さないと、前に書いた自分の決意を揺るがしてしまいそうだった。
今の僕は嫁を幸せにすることが第一です。
ただ、僕にできること、してあげられることがわからない。嫁のために何ができるんだ?
仕事で側にいてやることもできない。挙句に辛く当たってしまう。
ダメダメじゃん、僕…。それでも僕を必要としてくれるんだよな、彼女は。
ありがとう。きっと、優しくできるようになるよ。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-28 00:50 | myself_自分

実は弱ってます

「新選組!」や「逃亡者」で興奮してるんですが、実は弱ってます。

はぁ…、何から書いたらいいのか。
今日、嫁が実家に帰りました。というか、送ってきました。
別に喧嘩をしたとかそういう理由じゃないんです。まぁ、きついことは言ってしまいましたが。

彼女は、精神的にそれほどタフじゃないので、今のパートの仕事がとてつもなくしんどい
ようなのです。
で、その仕事と仕事場の人間関係(だと思われる)が今の彼女には耐えがたくなっていた。

というわけで、僕としては仕事を辞めた方がいいと思ったのでそう説得しました。
一応、彼女も辞めることに納得してくれたのですが、当面、落ち着くまでは
実家でということになったんです。

辞めさせることが正しいのかどうか、正直分からなくなりました。
というのは、彼女の仕事場の方から電話があって話を聞いているうちに、
仕事場でも彼女を必要としていてくれていたこと、電話をくれた方のように彼女のことを
心配して、何とかやりやすい環境にしようと動いてくれている人がいるということ、
それらが分かったから。
彼女から聞いていた話だけだと、職場の人に嫌われている気がするとかしか聞いていなかったから、心配してよくしてくれる人がいてくれたことがすごく嬉しくて、話をしているうちに泣きそうになってしまった。
そんな人がいる職場を簡単に辞めさせることが本当に良かったのか。
考えていたら頭痛くなってきた(-_-;)

僕個人の考えは、一度やり始めたら簡単に辞めるべきではない、というものです。
ですが、これはあくまで僕個人を基準にしているもので、それを彼女に当てはめることは
できなかった。いや、もう少し前なら何とか続けさせていたかもしれないけど。

彼女と付き合い始めたころの彼女は、不器用なところ、完ぺき主義的なところはあったけど、
普通のどこにでもいるような娘でした。
ただ、3年くらい前からちょっとずつ人間関係がしんどくなってきたみたいで、
僕はそれを支えたいと思ってズーッとやってきた。
でも、それが僕の傲慢だってことは最近気付いた。
僕には、彼女を支えたり、自信を持たせたりすることはできないんですね。
彼女のために何かしてあげたいけど、僕にできることは何もないんだって。
せいぜい、彼女の「逃げ場」となってあげるくらいしかないんだって。
僕といて自信がついたことあるんだろうか?きっと何もないんだろうな。
それが分かってしまうから、僕もちょっと凹み気味(^_^メ)

ただ、今は彼女が元気でいてくれるだけで、自然な笑顔を見せてくれるだけで
仕事の疲れが吹っ飛びます。
逆を言えば、彼女が仕事でグッタリしてると「自分の家」ですら安心できる場ではなかった…。
僕はそんな自分に負けて、自分が楽になれるかもしれないから彼女から仕事を取り上げただけなんじゃないか、そう思ってしまう。

本当は、「俺が支えてやるからもう少し続けてみろ」って言えばよかったんじゃないか。
生きていくことに正解なんてないと思うけど、それでも自分の判断が彼女にとって良かったか自信がなくなった。

彼女が今みたいに人間関係で悩み始めたのは僕のせいかもしれないし。
詳しくは書かないけど、また書くことができるようになれば書くかもしれないです。

彼女は僕と一緒にいないとダメだと言ってくれる。
でも、「自分(彼女ね)といてもいいことないよ」と言う。
僕は正直迷う。一人になれば、きっと今より楽になると思うけど…。
でも、少し前に、これからは何があっても彼女の側にいる、と自分に誓ったから迷うだけ。
方向はぶれないです。
支えにはなれないかもしれない。けど、もし少しでも楽になれるなら、少しでも忘れることができるなら、側にいたいと思う。

いつかまた、彼女が本当に笑える日がくることを願いながら、側にいる。

このブログを使って、この気持ちを忘れないように。
そして、忘れかけた時に思い出すために。 2004/08/22(日曜日) 23:50
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-22 23:48 | myself_自分