市町村合併の是非

神奈川県足柄下郡湯河原町と真鶴町との合併に関して、真鶴町の住民投票が8日行われた。
即日開票したところ、賛成2,576票に対して、反対が2,604票で、反対が28票ほど多かった。

住民投票条例は、町長に結果を尊重する義務があるとしているようです。
28票の差をどう見るか。町長は難しい選択を迫られています。

何しろ、湯河原町との合併協議はこれまでにほとんどの協議を終えているらしいですから。
投票結果を優先して、これまでの協議を白紙に戻すのか、これまでの協議を優先するのか。

この真鶴町という町がどういうところかは分かりませんが、単独でやっていけるほどの力が
あるのか、どうか。
まぁ、合併したからすべてうまく行くというものでもないと思いますが。

具体的に協議を進めながら、なぜ反対が上回ったのか、ここを理解する必要があるかもしれません。

合併問題、本当に難しいと思います。
僕の実家のある町では、新市名などでもめてますからねぇ。

湯河原との合併問う住民投票、反対多数 神奈川県真鶴町(2004/08/08)
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-09 09:46 | work_仕事
<< 高校総体~バスケ決勝~ ニューシングル発売迫る >>