ラストクリスマス(第1話)

昨日から始まったラブストーリーの王道まっしぐらな感じのドラマ。

織田裕二主演ということで「見ないわけにはいかんだろ!」的なノリで見てました。
ただ、織田裕二主演とはいえ、このドラマには今は多くを望んでいません…。

まぁ、ドラマとして見ればいいか、と。リアリティとかそういうのはおいといて。

こんなちょっと冷めた目で見てたんですが、意外と面白そう♪
りょうのさばさばした女性、森山未来の新人くん、伊原剛志の面白部分などなど
期待できそう。

一番気になったのは冒頭のシーンです。
あれは青井へのプレゼントだとは思うんだけど、死んだのか生きているのか。
この見せ方って、ある種「夫婦。」にも共通するような気が…。

共感できたのは、葉山達平が日垣に向かっていった
「赤字をかぶるのは結局うちじゃないですか」
の台詞。
むむ。共感できるぞーーー!
うちの部署は赤出していいのか!?と問い詰めたくなりますよねぇ。

ただ、普通に考えてそんなことするのかなぁ?という部分もあるにはありました。

新谷が、春木のマンションで青井と2人でいるのを目撃してすぐに中国への出向命令。
それはビジネスマンのすることなんだろうか?って思ってしまいました。

このドラマには特別好きな女優さんが出てないのも意外といいのかも。

そんなこんなで欠かさず見ていきたいドラマです。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-10-12 18:41 | tvshow_画箱
<< 国営備北丘陵公園 マジックが大流行 >>