学校の先生は話にならないのか…

秋田県教委は、教員の飲酒運転の厳罰化を決めたのが2003年の5月。
それから今年7月までの1年と2ヶ月の間に、飲酒運転による懲戒免職が6人、
さらに酒気帯び運転で1人が検挙され、処分待ちという状況。

せんせい、馬鹿ばっかり。

ま、児童・生徒からしてみれば、こんな連中の仲間から偉そうに指示されたいとは思わないでしょうね。
少なくとも僕はそう思う。自分のことを律することができない人間に指示されたいですか?
指示されたって、「は?何言ってんの?」ですよ、ほんと。

いや、もちろん、世の中には尊敬できる先生がいることも分かります。
僕だって、これまでに何人かの先生には本当にお世話になったし、師事できてよかったと思ってます。

「子どもを教育する」という職業に就いたからには、ある程度は自分を犠牲にする必要があるんじゃないですか?
それともほとんどサラリーマン先生ですか?授業が終わればさようならですか?
教師というのは公務員でしょうが。自分の立場・職業をきちんと理解しろよ!
飲酒が断れないなら、車で行くなよ。教師になるなよ。
何考えてんだ?

こんなことをするから、優秀な先生が厳しい目で見られてやりにくくなるんじゃないの?
他人のことを考えて行動しましょうよ。
子どもたちにとっては反面教師になればいいと思いますが、「あいつら(せんせい)だって迷惑かけてんだから、俺ら私らだって好きなことしてもいいんだ♪」なんてなったら最悪ですよ。

僕も学生の頃はしたこともありますが、就職してからは一度もないですよ。
車で行ったら代行頼むし、車で行かないときは迎えに来てもらうし。
教師なら金持ってんだろうから、ケチるなよ。代行の料金くらい。最悪です。

教師不信がまた加速してしまいました。感情的な文章で申し訳ないですが、正直な感想です。

先生、飲酒運転やめられません? 厳罰化も効果薄く(2004/08/07)
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-07 14:36 | mobile_携帯
<< クラウンマジェスタ目標の6倍 写真を変えてみた >>