心に残った台詞

心に残ったドラマや映画の台詞について。

「ブレードランナー」でルトガー・ハウアー演じるレプリカントの台詞です。

「お前ら人間には信じられぬものを俺は見てきた。オリオン座の近くで燃えた宇宙船や
タンホイザー・ゲートのオーロラ。そういう思い出もやがて消える。
時が来れば、涙のように、雨のように・・・。その時が来た。」

これですね。この台詞はしびれました。
この映画ではルトガー・ハウアーが見事に主役のハリソン・フォードを食っちゃってますが、
極めつけは雨の中のこのシーン。

これは、映画の中だとすさまじいインパクトを与える台詞です。映像と台詞が見事に融合してると言えます。

あまり集中せずに見てたのが恥ずかしくなるくらい、衝撃的な台詞です。

ぜひ一度ごらんください。

僕もまた見てみたいと思ってます。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-06 18:54 | movie_映画
<< 世界の中心で…3 今夜は「世界の中心で、愛をさけぶ」 >>