白骨温泉…

20日間で3,800人あまりがキャンセルしたそうです。

これは、僕が思うに、色が薄くなったことを隠していた、このことが原因だと思う。

色が薄くなってきたときにそれをきちんと伝えれば、一時的には客が減少するかもしれない。
でも、今回のように“裏切った”、“だまされた”と受け取られることはなかったでしょう。
しかも、発覚したときの言い訳も保身みえみえで最悪でした。

そもそも、色が薄くなったのは経営者たちの責任ではないわけだし。
ブランド力が落ちるという可能性はあるけど、堂々と色が薄くなりましたといえば良かった。

ただ、こういうことって、いわゆる“まちづくり”に取り組んでいたらいくらでも出てくることかもしれないなとも思う。
そんなときに目先の損得で動くのではなく、長い目で見て、本当に必要かつ有効な対処をしたいと思った。
そんな騒動でした。

白骨温泉の皆さんこれから大変だと思いますが、がんばっていただきたいと思います。

白骨痛っ!! 宿泊キャンセル、20日間で3830人(2004/08/06)

[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-06 16:24 | work_仕事
<< 今夜は「世界の中心で、愛をさけぶ」 中国からサイバー攻撃 >>