ドラマ雑感その3

月:「危険なアネキ」
まぁ、予想通りの水準でした。
森山未来なんかはもうちょっとコメディセンスはあると思うんだけどなぁ。。。
やっぱり演出の問題なんだろうか。
途中、伊藤美咲の「ゆうたろ~(T_T)」は食傷気味だったけど、最終回の「あなたがアネキでよかった」のただ一点を目指して言わせてきたのなら大したものだ。

火:「1リットルの涙」
想像してたより良かった。正直、見るまでは同情誘い系の嫌なドラマかと思ってたんだけど、
スタッフが真剣にこのドラマを作り上げて、視聴者に何かを伝えようとしているんだろうということが伝わってきた気がする。
ラストで大勢が墓参りに来る演出はどうなんだろうとは思うけど。
陣内さんはいい親父を演じてて相変わらずいい感じだった。
藤木直人は今まで見た中では一番いい演技と役だった。
あと、錦戸亮の演技も良かったなぁ。

火:「鬼嫁日記」
もう、ほんとがっかり。予想を上回ったつまらなさでした。

水:「あいのうた」
途中から見て最終回はまだ見てないんだけど、すごい良かった。
菅野美穂が意外なほどにいい味出してた。
子役3人衆はみんな愛らしい表情でいい家族を演じてたな。
最終回は近々見てみよう。

木:「ブラザービート」
明日最終回か。
これが今クール一番予想を上回っていったかも。
正直、笑いもない、シリアスでもないしょうもないドラマになるんじゃないかと思ってたけど、
かなりはまってみてます。
田中美沙子なくしてこのドラマは成立しなかったろうなぁ。
あんなざっくばらんな母親そうそういねぇよ。
ちょっと難を言えば、中尾明慶が相変わらず人のいいお兄ちゃんというところか。
もうちょっと違う面を見てみたい。

金:「花より男子」
これはいい意味で予想通り面白くて、楽しませてもらえた。
松本潤はあんまりドラマで見た記憶ないんだけど、この道明寺役は相当はまってたと思う。
不器用さとか天然とか優しさとか上手く演じてたんじゃないかと。
あと、F4が最後にはちゃんとキャラ立って、ないがしろにされてなかったことも好感持てた。
つくしの家族の描写だけはイマイチだったけど。

土:「野ブタ。をプロデュース」
これもいい意味で裏切られた。面白そうだな~とは思ってたけど、あれだけの内容・メッセージを込めながらきちんとエンターテインメントに仕上げきったのはスゴイ。
堀北真希がとにかく良かった。
印象的だったのはラストで笑えて、走り出し、ガッツポーズしたシーンかなぁ。
修二と彰ももちろん、良かった。
なんか、このドラマを見てて「あ~、こうして一歩ずつ成長していくんだなぁ。でも、俺こんなプロセス踏んでねぇなぁ。成長してないのかな。。。」と思ってしまった。
あと、このドラマに出てくる周囲の大人、きよしろう、豆腐屋のおっちゃん、彰の親父さん、修二の両親、教頭などなどとにかく大人が多感な高校生をよく導いていた。
あんな大人そうそういね~よとか思うんだけど、もしかしたらそういう大人はいるんだけど、
ああいう導きに素直に従えてないのが自分なのかもと思ったりしたり。。

ということでまとめて感想など書いてみました。
[PR]
by jenix_nobody | 2005-12-21 13:02 | tvshow_画箱
<< 年末か… たまには隠岐で食べる料理でも >>