コンサルタントとは

忘れないようにしておかないと。

経営戦略考より。
◆コンサルタントは、特定分野での専門知識や経験を持つことが必
要だが、それだけでは実務のベテランと変わらない。実務の知識・
経験の蓄積に加え、欠かすことのできない要素がある。

◆それは、「あるべき姿」を知っていることだ。その「あるべき姿」
を主張・自論として展開できる必要がある。そうでなければ、コン
サルタントとして講演や執筆といった活動をすることはできない。


この点がともすれば頭のどこかに行ってしまうモノなんだなぁ。
「あるべき姿」と現状とのギャップ。

あるべき姿を知っている・持っている事がコンサルとして必要である。

忘れてはならない。
[PR]
by jenix_nobody | 2005-06-08 14:49 | work_仕事
<< anego (06/08) バブル期と氷河期の意識の違い >>