救命病棟24時(3/22)

最終回良かった~。
無理やり泣かそうというシーンがなかったのが嬉しい。

食中毒で何と22時間勤務体制!僕なら1日でダウンしてしまいそうな過酷な労働環境です。
みんなが応援の医師団到着を心待ちにしながらもダウンしてしまいそうなときに
スーパードクター進藤が被災時と復興した後の神戸の町の写真を取り寄せる。

正直、あの写真に励まされる感覚というのはなじまなかったな。
でも、あれで勇気付けられていることはわかった。

河野弟が食中毒に責任を感じながらも1人何もできない。
そんな様子も分かるし、そこから何を決意したのかも分かったのはよかった。
途中まで僕は河野弟は医者にはならないんだろうと思ってましたから。

全身熱傷で運び込まれた少年が峠を越えたときの楓先生の表情が良かった(*´д`*)
なんか、子どもを持つ親という感じでしたね。(楓先生には子どもはいないんだけれども…)

寺泉隼人、漢でした。
多少遅くはなったけど、医師団をしっかり送り込んできました。
後、少しだけ官僚の熱意?のようなものが演出されてましたね。

このドラマってチョイ役でけっこう豪華なメンバーが出てるんだよなぁ。
今回なんて新見錦こと相沢一之さんと平賀先生こと西村雅彦さんまでが出演。
もうね、平賀先生が出た時点で「司馬先生~~!!」と心の中で叫んでました。
何かの形で織田裕二に出てもらいたかった…。さらに言えば加賀たけCにも。。

このドラマは本当に面白い。シリーズ化してもらいたいくらいです。

来週は大泉洋が裏の主人公?としてスペシャルが放送されるらしいです。
見逃すな!
[PR]
by jenix_nobody | 2005-03-23 10:46 | tvshow_画箱
<< 人権擁護法案 ひらがなはもういいって!「さくら市」 >>