特区認定ならず。残念!

佐賀県と嬉野町が出していた「嬉野温泉ふぐ肝特区」は所管の厚生労働省から却下された。

5,000匹ものふぐを養殖して、与える餌によっては無毒であることを証明していたようですが、厚生労働省からは認められなかったようで佐賀県としては不服のようです。
当然だと思いますね。

この特区の詳しい内容は分かりませんが、おそらく無毒化したふぐを特産品として提供することで、嬉野町および佐賀県の活性化につなげたいという想いがあるのでしょう。
でも、却下。これはがっくりくるでしょう。_| ̄|○

ただ、国としては人命にかかわるものをそう簡単に特区として認定することもできないのかもしれませんね、立場的に。

こういう仕事をしているものからしたら、こうやっていろんなアイディア出して、証拠までそろえてるんだから認めてくれよ!って思いますよ、正直なところ。

「まちづくり」って難しいよね。「まちづくり」って言葉はどうなんでしょうね。何か、響きが好きじゃないです。

厚労省 「フグ肝特区」を却下 佐賀県、嬉野町は再考訴え(2004/07/30)
[PR]
by jenix_nobody | 2004-07-30 14:40 | work_仕事
<< 昨日ふと思ったこと 小堺さん心配です >>