救命病棟24時(3/1)

すいません。ちょっとあらすじを書く元気はないです。

感想だけ。

進藤先生、正論なんだけどその伝え方が相変わらず下手ですね。
いい感じになってきた。
あまり細かい説明はなく、被災した事実にまだ甘えるんですか?ですから。

死亡者が増えていくのを虚しく感じてしまうのはやはり医療に従事している人にしかわからない感覚なのかな。
それとも劇中で死んでいく人にほとんどスポットを当てられてないからかな。
せいぜい主要人物の死くらいじゃない?
もうちょっと救命救急センターでも大勢の人が亡くなってることが背景としてないと、河野兄や
医局長や日比谷先生の感覚は分からなかった。

そんな中でも楓先生は進藤先生の指示通りにがんばってるところが嬉しい。
本当に進藤先生を信頼してるんだと。

ヤジキタコンビの人生やり直しの話は共感できる部分はあったかな。

寺島には、現場を知る人間としてという特性にプラスして、どこか腹黒さがあるような政治家的要素も期待しています。
死者数がシミュレーションに近い値が出て喜んだり、ポジティブにいきましょうとか言う人がいたり、
実際の政治家ってそんなもんなんだろうなぁと感じましたね。

あれ?内容ってこんなもんだっけ?
来週の予告も覚えてません。まぁ、期待です。
[PR]
by jenix_nobody | 2005-03-03 09:40 | tvshow_画箱
<< 夢の中で… むりです >>