『明日に向かって撃て』

『明日に向かって撃て』のDVD借りて見ました。

うーん。前に『スティング』を見て、古い映画も面白いなぁって思っていたんで、
この映画も期待してみたんだけど…って感じです。

ロバート・レッドフォードは相変わらずかっこいいんですが、ポール・ニューマンがちょっと
「?」という印象でした。

物語自体は、実話に基づいているようで実際にこういう2人組の強盗はいたんでしょうね。

ただ、それを映画として成立させるにはちょっと難しいんじゃないかな。
この映画もテンポがいいとはいえないし。
途中、ブッチとサンダンスが追っ手に追われている一連のシーンは緊迫感というか、
2人の焦りみたいなものが感じられてよかったんだけど、それ以外はいまいち。

この映画を名作という人もいるんだろうけど、僕は「可」です。

少し眠たい時に見たからかもしれないけど、退屈な部分があって…。

ロバート・レッドフォードの昔を見たい人や、好きな人は見る価値はありますね。
彼が演じるサンダンス・キッドは、かっこいいです。

「動いていいか?」→早撃ち→「動いた方が狙いやすいんだ」
これはなかなかいいですね。

あ、あと映画のラストはけっこう好きです。
2人は自分を追って軍隊まで出動していることはもちろん、ライフルで周囲を囲まれているなんて思いもしてない。
それどころか、相手がたかが賞金稼ぎや警官程度だと思い込んで、
「たいしたことない相手だ」なんて言いながら飛び出していく!!

ここの流れは見事!!!と思いました。

うーん。もう少し面白くできたんじゃないかなぁ。『スティング』が良かった分、いくらか見劣りしてしまいました。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-09-07 22:20 | movie_映画
<< 「君が想い出になる前に」のいいところ 「君が想い出になる前に」はどう... >>