『ヴァン・ヘルシング』(ネタばれ)

映画館で見るべき映画です。
この映像の迫力はテレビでは味わえないものです。

ヴァン・ヘルシングを演じるのはヒュー・ジャックマン。相変わらずかっこいいです。
しかも渋さが増していていいですね。ウルヴァリンにも負けない野生を発揮していますよ。
ヒロインのアナには、ケイト・ベッキンセール。めっちゃ綺麗です。一発で惚れました。
綺麗で凛々しいって最高ですよ、このベッキンセールは。

宿敵ドラキュラ伯爵には、リチャード・ロクスバーグ。このドラキュラ伯爵はいいです。
深い悲しみや憂いを秘めているような感じではないんだけど、何かが歪んじゃっています。
ドラキュラ伯爵の花嫁3人の表現も見せ方がいいと思う。

この映画は衣装も見所で、男性陣の衣装は落ち着いた雰囲気でかっこよく、
女性陣の衣装は華麗で艶やか。特に花嫁達の人間の時の衣装はすごく艶やかです。
一方でアナはどっちかというと男性っぽい落ち着いた(戦闘的な)衣装です。
アクションというか見せ場は、全編見せ場って感じです。

僕としては、あえて言えば、ドラキュラにもう少し深みがほしかったかな。
描き方によっては、十分深さを与えることはできたはずなんですよね。
親子のイザコザを親が解決できず、その責務を子孫に残し、息子は虚ろを抱えて永遠に生きていかなければいけないんだから、その辺もうちょっと生かせなかったかな~。
あの部分をあっさり流しすぎじゃないか?

やや都合主義的部分が見えたりはしましたが、基本的にエンターテインメントしてます。
絶対、映画館で見るべきです。

終わり方からみると、続編がありそうな雰囲気。何しろヴァン・ヘルシングの過去がほとんど語られていないですから。

うーん。ちょっと文句つけてるようにも見えるかもしれませんが、この映画にはほんと満足しています。面白いですよ~。
見るなら映画館で見てください!
[PR]
by jenix_nobody | 2004-09-05 00:41 | movie_映画
<< イチロー4安打 『ヴァン・ヘルシング』見てきます >>