義経(1/30)

成長した遮那王。清盛が父の仇と語った新宮十郎のことが気になり都に下りて探し始める。そこで悪僧にからまれているうつぼを助けることに。鞍馬に帰ってからも鬱々としている遮那王は鬼一法限に兵法の修行を志願する。
一方、都では寺同士の抗争から武蔵坊弁慶が責任を押し付けられ寺から追放された。追放された弁慶は平家に濡れ衣であることを申し開くも相手にされず、寺と平家に憤りを感じ夜な夜な平家の者達から太刀を奪い始めた。
鬼一法限の修行を終えた遮那王は再び都に下り、お徳から事の顛末を聞いた。その帰り道、五条大橋で…。


だめだ…_| ̄|○
うまくまとめられなかった。上のあらすじはオフィシャルサイトを参考にしました。

まぁ、全体的に言えば、今は助走期間というところでしょうね。
遮那王が義経になり、平家に反旗を翻すまでの第一歩といったところか。

えーっと、遮那王、タッキーいいかもね。鎧着るまでは。鎧着てみないと最終的には何とも。
あと、うつぼはやっぱりかわいい( ´ー`) 上戸彩はすばらしいです。
これは今後が楽しみです♪
遮那王がつぶやいていたのは、「孫子」かなぁ。はっきり覚えているわけではないけど、
「孫子」っぽい内容だったような気がします。

弁慶はなかなか良かったですねぇ。「弁慶、太刀獲ったりぃ!!」でしたっけ?
なんか、松平健ノッテルね☆って感じです。

平家一門も幼少期から青年期に変わってましたね。
お気に入りの阿部寛に鶴見辰吾も出てきたよ~。
ただね、鶴見辰吾とタッキーが同年代(多少離れているとは言え)に見えるかと言われると、
厳しいなぁ、というのが正直なところ。
むぅ。目を瞑ろうか、ここは。

そして!!来週はいよいよ静が登場ですよ~。石原さとみ静はどうなんだろうなぁ。期待!!
[PR]
by jenix_nobody | 2005-01-31 18:04 | tvshow_画箱
<< Yahoo!がブログサービス開始 Mの悲劇(1/30) >>