Mの悲劇(1/30)

前回ラストで美沙から1,000万円近くの預金を引き出された衛。美沙からは自分に謝罪することを思い出せれば返すと告げる。美沙への謝罪が必要なことなど微塵も思わない衛は奪われたものを取り返そうと、美沙を探したり、婚約者に自分の状況を訴えたり、親友に相談したり四苦八苦。そんな中で衛は、人は気付くことなく他人を傷つけ恨まれているかもしれないことを実感する。
一方美沙は衛から奪ったお金から衛の母親の手術費・入院費を支払う。
そんな美沙をようやく見つけ出した衛が追いかけていくと…。


吾郎ちゃんの演技だけが気になるけど、あとは良い感じで見れてます。
何しろ、危機回避能力が高いようには見えないのがイタイ。
全部自分から何かしらのアクションを起こしてませんか?衛さん。まぁ、いいや。

それよりも、これまでのドラマではそう魅力的に見えなかった
長谷川京子が本当にいいですね。
衛を振り回してるときのあの表情が何ともいえないです。

佐々木蔵之介は大活躍ですね、しかし。
好きなんでたくさん見れて嬉しいんですが。
僕としては実は久保は美沙とグルなのかと思ってましたが違うっぽい。

意外と吉岡美穂が普通に芝居できている気がします。がんばれ~。

はっきり言ってどういう展開になるのか結末になるのか分かりませんが、
なぜか目が離せない。
奥さんもどういう話かよく分からないけど見たくなると仰ってます。
ほぉ~、珍しいこともあるもんだ。分からんものは嫌いかと思ってましたよ。
[PR]
by jenix_nobody | 2005-01-31 16:28 | tvshow_画箱
<< 義経(1/30) 発見 >>