指定管理者制度

島根県立美術館が4月からの指定管理者制度導入に伴い、民間企業に管理運営を
委託するそうです。
民間業者への委託内定は初だそうです。

指定管理者制度とは…。リンク先は自治労のところです。

まぁ要するに、民間のノウハウを公共施設の管理運営にも活かしてコスト縮減しよう!!
ってところでしょうか。

で、県立美術館の委託を内定されたのはサントリーの子会社「サントリーパブリシティサービス(SPS)」だそう。
SPSは1983年設立で、サントリーの工場の広報業務やミュージアム、音楽ホールの運営などを手がけている。松江市内に子会社として「SPS島根」を新設し、観覧料の徴収や来館者の受付、広報などの業務を受け持つという。委託額は年間3億1060万円以内で、期間は07年度末まで。

これで県立美術館にもっと人が行くようになればいいですね~。

という僕も一度か二度しか行ったことがないです。ちょっと反省。
てかさ、駐車場がちょっと離れててやなんだよ。
でも、あいいうものに触れるのも大事かなぁと思いつつあるお年頃です。
[PR]
by jenix_nobody | 2005-01-20 10:55 | work_仕事
<< びっくり 87%(1/19) >>