強制送還

一昨日テレビでこのニュースを見て、昨日ネットで再確認して、ブログに書こうか書くまいか
思案して一日。
やっぱり書いておこうと思います。

asahi.com:法務省、クルド人親子を強制送還 UNHCRなど抗議

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)から難民(マンデート難民)と認められる一方、日本政府には認定されずに支援を求めていたトルコ国籍のクルド人、アハメッド・カザンキランさん(49)と長男ラマザンさん(20)が18日、法務省入国管理局によって母国に強制送還された。日本にいたマンデート難民が本人の意思に反して強制送還されたのは初めて。UNHCRなどが抗議している。

これ、異例中の異例だそうです。
しかも出頭した翌日には即強制送還。これも異例だそうです。

強制送還された人たちがどういう人たちなのかは知らないけれど、なにかやりきれないです。
これでいいのか日本は?みたいな。
津波被害に遭われた人たちを支援するのはもちろん良い事だけど、
わざわざ日本を頼って来てる人たちを、帰れば殺される可能性がある人たちを
追い返す、それでいいのかなぁ。
もしかしたら何か特別な事情があったのかもしれない。そう思いたいです。

何しろ、他の家族も強制送還されるかもしれないらしいので…。

【追記】
思ったんですが、イラクの3バカと変わらないんじゃないかと。
イラクに行かずとも困ってる人が大勢いるのに危険なイラクに行った人と、
日本まで来て困っているんだと頼ってきている人を追い返して外国に支援している国。
どこか一緒なんじゃないかと。
いや、完全に一緒だとは思わないけれども…。
テレビでは弁護士さんが「難民を追い返す恐ろしい前例を国が作ってしまった」と
言ってました。
行政の前例踏襲主義を踏まえれば恐ろしいどころじゃないでしょうね。
人道支援という言葉があまりにも虚しく聞こえてきます。
[PR]
by jenix_nobody | 2005-01-20 10:16 | work_仕事
<< 87%(1/19) 恋愛体質診断 >>