救命病棟24時(1/18)

いかん、早速泣きそうになりました( ´ー`)

もうね、進藤先生が辛くても冷静な判断を下していることをしっかり受け止めて
サポートする河野先生イイ。
進藤先生が涙を湛えながら患者に優先順位を付けていくところはやばかったです。

愛しの楓先生も石川先生婚約者の安否が分からず危うく帰りかけたところに
進藤先生が処置した患者が運び込まれてきて、何か無言で救命医とは何か、を
教えてもらってるような感じでしたね。

今回見ながら考えていたことは、こういった災害に見舞われ混乱状態になったときに、
自分が何者であるか、それをしっかりと持っていたいなぁということ。
進藤先生、河野先生、楓先生はもちろん、医局長、師長たちはみんなプロフェッショナル。
僕は自分のプライベートを犠牲にすることがカッコいいとは思わないけど、
この人たちの姿勢はやっぱりかっこ良かった。

自分だったら何ができるんだろうか、そんなことを考えたけど何もできなさそう_| ̄|○

まぁ、命に別状はないからって追い返されたら怒るかもしれないけど…。

そして、昨日北海道で地震。新潟でもまた地震。
ほんとにいつ地震が来るか分からないです。

【以下、加筆です】
助かる確率がより高い患者を選んで治療をするってことは、
選んだ人は確実に救わないといけない、というプレッシャーもあるんでしょうね、きっと。
そのへんも気になりながら見てました。
[PR]
by jenix_nobody | 2005-01-19 09:33 | tvshow_画箱
<< 恋愛体質診断 気が散る >>