『NARC』その2

この映画のラストは捉え方が難しい気がしますね。
ネタバレになります。

最後のテリスの判断は果たして正しかったのか?
話を聞いた相手は辣腕の警部補オークと、ドラッグ、銃の売買に車の盗みまでする札付きの悪。
最期にオークから聞いた真相はテリスを再びさいなませることになるんだろうな~。
何しろ、オークはただただキャスリンを守りたかった、それだけを“信念”にカルベスの事件を追っていたように思えるから。
ラストは見てて苦しくなるなぁ。
本当にジェイソン・パトリックとレイ・リオッタは良かった。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-09-01 00:16 | mobile_携帯
<< 『亡国のイージス』 マイケル・ムーア >>