EZTV気分悪い

キャリアウーマン(表現古い?)たちが、自社アンケートの結果を見て驚いてる。
「男性は仕事、女性は家庭」というものに賛成が11%いて、その中には女性がそう答えているものも含まれているそうです。
そして、その結果を見ているキャリアウーマン5~6名が「え~!!」とか、
「このジョンソンに?みたいな」とか、「じゃあ、何で働いてるの?(怒)」とか、「こういう人たちの意識を変えないといけないんだな」とか、「理想論かな?」とか。
気分は悪くなりました。

別に女性が管理職になるのはいいんだけど(能力があればですが)、この人たちは何か勘違いをしてやしませんか?
あなたたちは、管理職になる、などの出世を望んでいるかもしれないけど、世の中にはそうじゃない、という人がいることを理解してないんじゃない?
女性だけじゃなく、男性でも出世を望まない人間はいると思うし。
あれ、ものすごい気分悪い会話でしたね。勝手に、「女性の自立を啓蒙する」ことを自分の使命のようにとらえているような気がしました。
そういうの、押し付けるなよ。ほんと。上昇志向が強いのは(どうでも)いいけどさ。

「女性は家庭」にちょっと賛成したら働いちゃいけないのか?っつう話でしょ。
こういう人たちが一番、女性であることに劣等感を感じてそう、って思うのは男のエゴかな。
個人的なことを言えば、先ほどの女性には魅力を感じませんでした。
自分たちは上昇志向の強いいい女、そうじゃない女はしょぼい女というように、見下しているように見えます。
ま、一言で言えば気分が悪い。

※どうやらこの会社は「ジョンソンエンドジョンソン」のようです。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-29 23:56 | work_仕事
<< 山南敬助との別れ 『逆襲のシャア』見ました >>