新選組!最終回

よかった。慎吾くん、最終盤にきて近藤勇をよく演じきったと思います。
以前、このブログ内で近藤勇を慎吾くんが演じるのはどうかなぁ?みたいなことを
書いたこともありますが、訂正します。

結果論ではありますが、慎吾くんでよかったと思える最終回でした。

僕は基本的に時代考証がどうとか、そんなマニアックなところはそれほど注視してなくて、
それぞれの登場人物がどれくらい魅力的に描かれているか、そこが大事だと思ってます。
なので、色々と批判も多かった今回の大河ドラマですが、近年にない好きな大河でした。

ただ、一つ難を言えば、近藤勇をキリストのように描くのはどうだったんだろう、と思います。
実際そうだったのかもしれないし、それはそれでいいんだけど、登場人物たちに
それを説明口調で喋らせたのはちょっと残念でした。

もう一つ、欲を言えばタイトルが「新選組!」であるなら土方の最期も見たかったような…。
まぁ、近藤=新選組という図式で来てたわけだから近藤が死んだことでお終いというのも
分からなくはないですが。
ま、いいや。面白かったから。

このドラマを見る前から新撰組には「かっこよさ」みたいなものは感じていて、
土方歳三とか、斉藤一は好きだったんですが、残された新撰組の隊士たちが
なぜ最後まで新政府軍に抵抗したのか、よく分かりませんでした。

それが昨日の最終回で旧幕府軍の面々が口にした、
「幕府側にも骨のあるやつがいたことを思い知らせる」、「薩長に一泡吹かせてやる」
そんな思いからだったのかもなぁ、とちょっと分かった気になれました。

僕の中での新撰組と言えば、「修羅の刻」と「るろうに剣心」が多大な影響を与えています。
だからなのかも知れなけど、やっぱり細かな時代考証よりも人物を魅力的に描くことが
大切な気がします。
(別に時代考証が不要だというのではなくて。。)
[PR]
by jenix_nobody | 2004-12-13 09:33 | tvshow_画箱
<< 結婚とは何ぞや? キーファー・サザーランド >>