オンラインゲームに下請け

オンラインゲームに「下請け」という現象が生じているようです。

ゲーム内でのアイテムの収集やお金集め等、比較的単調かつ面倒くさい作業を、
中国やロシアのゲーマーにさせて、そのデータを安価に購入する、というものです。

どこまでいっても先進国と発展途上国との差は縮まらないんだな。

ニーズがあるからサプライが生じる。

そして、このオンラインゲーム上でも、彼ら労働者(発展途上国)と雇用者(先進国)との対立が生じてるんですよね。
労働者は、実際の自分が生きていくためのお金を稼ぐために、ゲーム内でアイテム収集やお金を集めている。
雇用者は、趣味でゲームを楽しんでいる。
このギャップにより、対立が生じ、果ては雇用者がモンスターを放って労働者を「殺す」こともあるようです。

深く考えすぎなのかもしれませんが、人間の本質はやはり変わらないんですね。
「バカ」だということは。学習能力はあるようでないんじゃないかな。

オンラインゲームのアイテム収集に「下請け労働者」が出現(2004/08/25)
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-27 14:29 | work_仕事
<< イチロー200本達成 ふと『ヴァン・ヘルシング』 >>