気まぐれな狂気

今、山陰のローカル放送局の深夜枠で映画の『気まぐれな狂気』を放送してます。

これ、キーファー・サザーランドの初監督作品らしいんで、それほど期待してなかったけど、
意外といい!!
一言で言えば、掘り出し物。

何しろ主演はあのヴィンセント・ギャロ。キーファー自身は準主役って感じかな。
あと注目は、ヴィンセント・ギャロに惚れられてる彼女役として出てるキム・ディケンズ。
このキム・ディケンズという人、どっかで見たことあるなぁと思ってたら、
ケヴィン・ベーコン主演の『インヴィジブル』に出てたかわいいお姉ちゃん。
本作でもかわいいです♪

ヴィンセントはなんつうか、独特の空気と優しげな笑み、神経質そうな目つき。
そういうのがとにかくかっこいい。
演技も上手だし、見てて安心できる俳優の一人です。

キーファーは、見てるとどうしてもお父さんのドナルド・サザーランドを思い出すわけです。
で、しょぼ~いイメージが付きまとっていたんですが(これは誰でもそうじゃない?)、
今作品ではキレやすいチンピラを好演。
初監督作品で自分を主役に据えないところがまた何ともにくいね~。

あとは、殺されたボスの殺し屋。めっちゃ迫力がある。
静かで落ち着いた雰囲気で語りかけるんだけど、明らかに只者じゃないことが分かる。

話の流れから考えて、比較的早い段階で主役陣を悲劇が襲うことは想像できますが、
それでも、この映画は飽きさせない展開で引っ張ってくれます。
うーん。いい映画ですよ、これは。

ラストも、切ない締め方で好きな終わり方です。
たまには深夜枠の映画を見るのもアリだね。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-12-11 02:23 | movie_映画
<< キーファー・サザーランド SPAM その5 >>