満足度調査を捏造

asahi.comより。
和歌山県白浜町湯崎のリゾート宿泊施設「ホテルマーキーズ」(片桐正二郎社長)が、旅行会社JTBの顧客アンケートを捏造(ねつぞう)し、結果的にJTBの宿泊施設ガイド誌で高い評価を得ていたことが分かった。社員が客を装って予約し、自作自演で「投票」していたという。同ホテルは、この事実を内部告発した従業員を6月に解雇していた。ホテル側は捏造の事実を認めているが、解雇については「健康上の問題で、告発と無関係」としている。

いつも思うんですが、なぜ「健康上の問題で、告発と無関係」なんて分かりやすい嘘をつくのでしょうか?
やっぱり認めるわけにはいかないのかな?内部告発者保護法(だっけ?)はまだ施行されてないんでしたっけ?

本当に自分のホテル、サービスの自信があれば捏造なんてしないですよね?

「宿泊満足度」捏造で高評価 和歌山・白浜のホテル(2004/08/26)
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-26 15:49 | work_仕事
<< ダニー・グローバー逮捕 引用の編集テスト >>