教員採用

2006年度を目処に市町村が独自で教員を採用できるようなシステムを全国に広げるらしい。
もともとは構造改革特区で出されたプランのようです。

こういうのがあると、地元に住む教員が増えていいのかもしれないですね。
しかも、今の教員採用試験なんかで採用されている諸先生方がいろいろと問題を起こしている中、新しい採用方法などがもし確立されれば子どもにとってもいいかもしれない。

教師っていうのは、子どもに興味が持てたりできなければやるべきではないと思う。

僕自身、教師という存在の多くに脱力させられてきたからいいイメージはないなぁ。
でも、今友だちが九州で高校の講師として働いているからそいつは応援してやりたいと思う。
そいつはほんといい奴だから、きっと生徒からも慕われているんだろうな。

がんばれよ~。

ちなみに、構造改革特区とは別に「地域再生計画」というのもありまして、こちらも現在全国で取り組み中です。
要注目!ですよ。

市町村の教員独自採用を可能に…2006年度にも(2004/07/26)
[PR]
by jenix_nobody | 2004-07-26 18:30 | work_仕事
<< レガシィB4試乗 ふと思ったこと >>