新選組!~友の死~その2

...((((*T-T)ノノ 山南さ~ん 。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。うわぁ~ん Kurt.さんトラックバックします。

Kurt.さんが書かれている「どういう心境だったのか」についてですが、
僕は以下のように考えています。(現状では)
これは、居場所がない、というよりは新撰組の中で山南さんに
最期に残された居場所が、死ぬことだと確信したんじゃないかと思っています。
「私は死ぬべき人間です」というようなことをサラッと言えてしまう山南さん、やっぱり死ぬことでしか何かを残すことができないんだと思っていたんじゃないかと。

山南さんだって、近藤に出会い、近藤の才、人柄に賭けて新撰組のために尽くしてきた。
しかし、今の新撰組はもはや自分がどうこうできるような身近なものではなくなってしまった。
イコール「居場所がない」ということだと思うんですが、とはいえ、山南さんほどの人物であればやはり、新撰組に何かを成した、あるいは何かを残したい、そういう思いもあったと思います。
それが、切腹だったんだと思います。

もちろん、以前のこの記事でも書いたように、脱走が上手くいって見つからなければそれはそれで明里と旅をして、江戸周辺でもう一度自分を見つめなおしたいという思いも実際にあったと思います。
ただ、見つかればそれはもう、覚悟を決めるのみ、といったところだったのでしょう。
実際、冒頭では明里に対して「もう少し急ごう」と急かしていましたし。

あ~、それにしても、堺雅人氏を見られなくなるのは非常に残念です。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-22 22:13 | tvshow_画箱
<< 新撰組つながり? 新選組!~友の死~ >>