新選組!~友の死~

ダメでした…。_| ̄|○ 泣きっぱなしです。

山南さ~ん、みんなが貴方を慕っていたんですよ~!(T_T)

沖田に追いつかれてからの山南さんはもうすべてを覚悟していましたね。
というより、本人がいったように、切腹こそが総長山南のすべき最期の仕事だったのでしょう。
ただ、唯一、明里だけが生きることへの未練となっていたように思います。
そこで山南がすごいと思うのは、いかに明里がいても自分の役割、新撰組への想いを
優先させたことです。
僕にはきっとできないことです。

「わがままを言うな!!」これは個人的にジーンときました。
普段優しい山南だからこそ、この怒鳴ったシーンで山南が本気で明里を心配していることが
わかります。

沖田に始まって、近藤、永倉・さのすけ、河合・、源さん、源ノ丞夫妻、さらには歳まで、とにかくほとんどの人が山南の助命を考えていました。
僕の中では、この堺雅人版の山南さんは誰とも距離をおき、誰とも積極的になじもうとは
しない男だと思っていました。その、誰とも馴染まない男が誰よりも慕われていた。
その事実が僕の涙腺を刺激しまくりでした。

明里も、「自分が泣いたら先生が悲しむ」とか言い出してしまうし。_| ̄|○ ダメダ、ナイテシマウ

山南は最期まで自分よりも新撰組と明里を心配していた心優しい男でした。
活動記録の重要性、正確な会計管理、新撰組の将来、明里を丹波へ返すこと。

かっこ良すぎるよ、山南さん。あんな男になりたいなぁ。
自分よりも人のことを本気で優先して考えることができる人。

切腹のシーンも、ただ腹に突き立てるだけじゃなく、横に裂いていることが分かるような
演技でしたね。

そんでもって、ラストシーンの近藤&歳の泣きじゃくり。強制的に泣かしてるようなもんじゃないか!ちくしょう。そんなに僕を泣かせたいのか?

この回「友の死」はこれまでの「新選組!」の中では最高の回でした。
僕は大満足です。
また何か思いついたら書こうと思います。
[PR]
by jenix_nobody | 2004-08-22 21:06 | tvshow_画箱
<< 新選組!~友の死~その2 PCの液晶がピンチ >>